• ホーム
  • わかりやすい28錠タイプのピル

わかりやすい28錠タイプのピル

2019年06月01日
薬を飲む女性

女性が避妊などの目的で服用するピルには2つの種類があります。
1つが21錠がワンシートになったタイプです。
全部に女性ホルモンが含有されていて毎日1錠ずつ服用し、なくなったら7日間休んでから、新しいシートのピルを飲み始めます。

もう1つが28錠がワンシートになった28錠タイプです。
28錠のうち21錠に女性ホルモンが含有されていて、残りは女性ホルモンが含まれていない偽薬です。
作用としては21日タイプと同じですが、毎日ピルを飲むという習慣が付いて飲み忘れがなくなり、生理が28日周期できちんと来るように管理しやすくてとても便利です。

ピルは飲み忘れがあると避妊効果がなくなってしまうので、決まった量を決まった順番で決まった時間に飲まなくてはなりません。
ピルを飲み始めて間もない方は休薬期間の管理がしにくいでしょうから、28錠タイプの方が安心です。
また、つい飲み忘れてしまうという方にも、向いています。

低容量ピルには生理周期をコントロールするだけではなく、月経前症候群を和らげたり、生理痛を緩和したりなど、他の作用もあります。
効果を最大限に生かすためにも、くれぐれも飲み忘れには注意するようにするのが大切です。